文系プログラマーになるには

プログラマーの仕事には、プログラミングやコンピューター、ネットワークの知識やスキルが必要です。そのため、理系の人しかできない職業だと思いがちですが、実際のところはそうでもありません。約半分の割合の人が文系プログラマーとして様々な場面で働いています。確かに、新しいアルゴリズムを開発したり、高度で効率的な画期的なプログラムを作成しようとすると高い知識やスキルが必要ですが、このような難しい仕事を任されるような場面に遭遇する人は、ほんの一握りです。一般的なプログラマーとして働くのであれば、勉強次第で必要な知識やスキルは十分に身につけられます。会社によっては必要な能力を育成していく体制を立てているところもありますので、真面目に勉強できる人であれば、理系の人にも追いつくことができます。

また、この職業で働くには、プログラミング関連のスキルの他にもプレゼン能力や文章能力が必要です。プログラミングの仕事をする際には、クライアントにわかりやすいプログラムを作らなければなりません。このためには、自分のプログラムを文章できちんと説明できる能力が重要です。また、クライアントに売り込むためには、自分のプログラムの特徴や長所などについてクライアントの興味を引くような説明が出来なければなりません。プログラミングのスキルは勉強で身につけることができますので、プレゼン能力、文章能力のある文系の人が有利な仕事とも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です